1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2022/04/29

理髪師の息子

2022/04/04

何を根拠に

2022/02/26

たのしみは

2022/01/28

心技体再考

2021/12/27

謎掛け

2021/09/03

愛読書

2021/06/29

うちわ話

2021/04/29

身近な古墳

2021/04/02

国際電話

2021/01/29

手続き

2020/09/29

箱根小旅行

2020/05/29

幕末のコロリ

2020/03/30

じゃんけん

2020/02/28

ネジの一締め

2020/02/03

両国の風情

2020/01/02

正月

2019/09/28

体育の個人史

2019/09/02

巡検

2019/05/29

看板考

2019/04/27

令和と開発

2019/03/30

人の一生

2018/12/28

イノシシの話

2018/11/02

松阪への旅

2018/10/01

地球の誕生

2018/07/30

芝居見物

2018/06/29

橋掛人

2018/05/31

業界の守り神

2018/03/31

日常と非日常

2018/02/27

道具をつくる

2017/09/29

蕎麦のこと

2017/06/08

information

2017/05/29

無料の本

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

心技体再考
2022/01/28
漢字は日本が中国から導入した言語文化である。この漢字は、ものごとの特色を簡潔に表現するのに便利である。漢字で「頭」と一文字書けばすぐに通じるが、英語のアルファベットだと四文字(Head)が必要となる。ほかに漢字二文字ならば「陰陽」、三文字ならば「天地人」、四文字ならば「喜怒哀楽」などのように表現でき、その内容を簡潔に示すことができる。今回は、相撲や柔道などのスポーツの世界でよく使われる「心技体」を話題に取り上げて、改めて考えてみたい。

初代若乃花は、身長179センチ、体重107キロと小柄な体にも関わらず、横綱まで昇りつめ、横綱栃錦と共に栃若時代をつくり土俵を盛り上げた。得意技だった「呼び戻し」で大型力士を土俵にたたきつけ、その豪快な相撲っぷりで人気があった。「土俵の鬼」と称された若乃花の著書に、『心技体』がある。心技体が相撲の真髄の代名詞になると考えて書名にしたのであろう。

「心技体」という言葉は、寡聞にして江戸時代の文献で見たことがないので、比較的新しい言葉のように思われる。柔術家の古木源之助は、著書『柔術独習書』(1911年刊行で、国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能)の中で、柔術には「身体の発育」(体力)、護身の用としての「勝負術の鍛錬」(技術)、そして「精神の修養」(精神力)の三つが大切だと説いている。それぞれ体・技・心、つまり「心技体」に当たるのだろう。さらには、それらは相互連関しているので、一つだけを単独に修行、研究するものではないと古木は言っている。

世界の柔道国の一つにフランスがあり、その柔道人口の多さや世界レベルの大会で優勝するなど、柔道の盛んな国となっている。日本からフランスに渡り、柔道を普及させた功労者の一人に道上伯(みちがみはく)がいる。彼の教え子の一人であるオランダのアントン・ヘーシングは、1964年開催の東京オリンピック無差別級柔道で、日本代表の神永昭夫選手を抑え込みで破り、金メダルを獲得した。道上の貢献は大であり、道上の柔道における真髄に関する教えも、「心技体」の充実であった。

この心技体の重要性が強調されるのは、心技体それぞれの要素である精神力、技術力、体力の力をつけることは勿論のこと、この三つの要素がバランスよく働くことが大事である。不世出の横綱双葉山は前人未到の70連勝を目指したが、前頭4枚目の安芸ノ海に負け、69連勝が相撲史上の記録となった。敗者の弁は、「未だ木鶏たりえず」であった。木鶏は、何が起きても物に動じず、泰然自若でなければならないことを意味する。双葉山はまだ修行が足りないと、自分に言い聞かせたのであった。

私はこの心技体の充実は、脳の働きと重ね合わせると分かりやすいのではないかと日頃から考えている。外界の感知機能、論理的な思考機能、イメージを膨らませる感性機能、身体の運動機能、そして全体を統括する中枢機能などの働きである。脳の働きが精神、技術、身体などの動きと連動しているように思われる。ご自身の仕事や活動を心技体の側面から光を当てて、バランスをとってみてはいかが、というのが今回のコラムの趣旨である。





(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術
大野WORK
大野HOBBY