1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2023/01/27

上書き保存

2022/12/30

師造化

2022/11/29

坂道

2022/07/29

地下水の話

2022/05/30

江の島詣

2022/04/29

理髪師の息子

2022/04/04

何を根拠に

2022/02/26

たのしみは

2022/01/28

心技体再考

2021/12/27

謎掛け

2021/09/03

愛読書

2021/06/29

うちわ話

2021/04/29

身近な古墳

2021/04/02

国際電話

2021/01/29

手続き

2020/09/29

箱根小旅行

2020/05/29

幕末のコロリ

2020/03/30

じゃんけん

2020/02/28

ネジの一締め

2020/02/03

両国の風情

2020/01/02

正月

2019/09/28

体育の個人史

2019/09/02

巡検

2019/05/29

看板考

2019/04/27

令和と開発

2019/03/30

人の一生

2018/12/28

イノシシの話

2018/11/02

松阪への旅

2018/10/01

地球の誕生

2018/07/30

芝居見物

2018/06/29

橋掛人

2018/05/31

業界の守り神

2018/03/31

日常と非日常

2018/02/27

道具をつくる

2017/09/29

蕎麦のこと

2017/06/08

information

2017/05/29

無料の本

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

坂道
2022/11/29
ある喜劇役者が、自分の妻のことを面白く紹介していた。彼女が履歴書を書いた際に、趣味欄の記載内容が面白かったというのである。何と書いてあったのか。
「趣味: 登山(下山を含む)」。
この記載は確かに面白い。登山は下山を含むのが通常のことなので、わざわざ下山と書かなくてもよい。そこをあえて書くと、何とも面白くなる。喜劇役者の妻だけのことはあって、ユーモアのあるご婦人である。

私も似たようなことを体験したことがある。ある町のハイキングコースを歩いていた時のことである。普段歩きなれていない都会人にとって、短い距離ではあったが、暑い時期でもあったので、上りは結構大変だった。「このコースは反対側から歩いたほうが良かったのかな」との発言があった。同じような山道だったので、どちらから来ても、条件はほぼ同じだった。人間は楽したいと考える動物のようである。

上り下りのことを考えてみると、冒険スキーヤーの三浦雄一郎ならばヘリコプターで山の頂上まで運んでもらい、後はスキーで一方向に下るのみということになったかもしれない。また、東京の湯島神社のように、男坂、女坂と二種類の坂(階段と坂道)が用意されている場合もある。片方は勾配がきつく、もう一方は比較的ゆるやかという区別である。ハイキングコースも、あらかじめ勾配がきついか、ゆるやかかが分かると、コースが選択出来て良いかもしれない。思い出したが、神奈川県の西北部にある大山神社のコースは、勾配に関する情報があった。利用客にとって、判断の選択肢があるのは便利である。さらに、途中まではケーブルカーを利用することもできるので楽である。

東京は坂道が多い。坂道は土地の変化が楽しめるので、坂のある地区は人気地区でもある。赤坂や神楽坂などは、地名にもある通り、坂のある町として有名である。このような場所は眺めも良いので、眺めに関係する地名がついている。富士山が見える坂は富士見坂、海が見える坂は潮見坂、と名付けられている。渋谷もそのスリバチ状の地形から、坂道が楽しめる地区である。町のプロモーション戦略から、「スペイン坂」と命名し、人気の路地裏型坂道として有名になった坂道もある。地名は文化なので、新旧に関わらず大事にしたいものの一つである。

東京の下町は埋め立て地などの平坦な土地で構成されている。そして山の手方面は、台地と谷などがあるので、おのずと坂道が多くなる。昔からある坂にはそれなりの由来があり、その名称からも暗闇坂、胸突坂、紀尾井坂、等々、想像がつく。例えば、中山道にある本郷三丁目交差点は、「本郷もかねやすまでは江戸の内」との川柳で知られている。江戸の城下から北方面に向かうと、江戸からは遠ざかる。本郷三丁目交差点の北側の坂を、「見返り坂」と呼んだそうである。江戸を離れるのだ、との感を強めたことだろう。感じが出ている。

ある時、アメリカ人の地図製作専門家を神楽坂に案内した時、その英文地図に、スロープなる表現が頻発していたのに驚かれたことがある。アメリカの地図中に、スロープという地図表記はあまり見かけないとのことだった。彼の住まいが中西部にあり、平坦そのものであることに起因しているかもしれない。坂道が有名なサンフランシスコやボストンがどうだったか忘れてしまったが、いつか調べなおしてみよう。

なお、若い世代の人たちにとっては、坂道といえば、AKB46、乃木坂46、欅坂46などの方が身近なのかもしれない。これらのグループ名称が、平地の秋葉原から、赤坂・六本木の坂に進化している。どのようなビジネス戦略があったのか、興味深い。



(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)

他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術
大野WORK
大野HOBBY