1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2021/01/29

手続き

2020/09/29

箱根小旅行

2020/05/29

幕末のコロリ

2020/03/30

じゃんけん

2020/02/28

ネジの一締め

2020/02/03

両国の風情

2020/01/02

正月

2019/09/28

体育の個人史

2019/09/02

巡検

2019/05/29

看板考

2019/04/27

令和と開発

2019/03/30

人の一生

2018/12/28

イノシシの話

2018/11/02

松阪への旅

2018/10/01

地球の誕生

2018/07/30

芝居見物

2018/06/29

橋掛人

2018/05/31

業界の守り神

2018/03/31

日常と非日常

2018/02/27

道具をつくる

2017/09/29

蕎麦のこと

2017/06/08

information

2017/05/29

無料の本

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

あとみよそわか
2021/02/26
明治の文豪幸田露伴は、博識でかつ秀でた文章表現力で知られた作家である。彼の遺伝子は、確実に子孫である娘の幸田文、孫の青木玉さん、そしてひ孫の青木奈緒さんの四代に伝わっている。四代にわたり創作された諸作品は魅力的であり、多数の読者を獲得している。

それらの作品は、私たちの文章作成のよきお手本にもなっている。露伴とのやり取りは、珠玉の随筆にみられ興味深いものが多い。今回話題として取り上げる「あとみよそわか」は、国語の教科書にも掲載されており、幸田文『父・こんなこと』の随筆に登場する。聞いただけでは最初は何の事だかよく分らなかったが、よく読むとその意味がなるほどと分かる。

拭き掃除の終わった娘の文に対して、父親の露伴は「あとみよそわか」と言い放った。どういう意味かというと、いったん振り返って、自分の行いに不備がないか、抜かりがないかチェックせよというものである。

「あとみよそわか」を、ひらがなではなく、「後見よ?~蒜夜邸廚抜岨で書?箸修琉嫐????蠅笋垢?覆襪?發靴譴覆ぁ?屬修錣?廚蓮?娘秧慣个覆匹里?个虜埜紊暴个討?觴文で、?△垢襦?匹┐襪海箸覆匹魄嫐?垢襪?泙犬覆い慮斥奸?茲辰董◆屬△箸澆茲修錣?廚蓮⊃兇衒屬辰萄導稜Г垢譴个Δ泙?圓?琉嫐?砲覆襦?匐,燭舛悗里?泙犬覆じ斥佞箸靴童果?任△襦?気垢??次?瑤喟擇蠅龍詰椰佑任△襦?

日常生活にもこの種の標語的な表現はよく使われる。例えば、栄養バランスの良い食を実現するために、「まごわやさしい」などという言葉がよく知られている。
<ま> 豆類
<ご> ごま
<わ> わかめ(海藻類)
<や> 野菜
<さ> 魚
<し> しいたけ(きのこ類)
<い> いも類

私も、ある時子供たちにまじない言葉を作ってあげたことがある。出かける際に、持ち物を忘れないようにするためであった。それは、5つの持ち物の頭文字を示す次の言葉である。

「さてときけ(聞け)」

<さ> 財布
<て> 定期券
<と> 時計
<き> キャス(ICカード入館証)
<け> 携帯電話

上記5つのものは、今ではすべてスマートフォン1台で済ますことができる。現代の標語を新たにつくるとすれば、「すもじゅう」もしくは「SMJ」とでもいうのだろうか。「スマホ持ったか、充電したか」の短縮形である。私がかつて子供たちに作ってあげたまじない言葉は、古き昔の携帯電話の時代の産物であることを物語っている。昭和どころか平成も遠くなりつつあるようだ。



(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)

他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術
大野WORK
大野HOBBY