77th Anniversary 〜すべてのありがとうをかたちに〜
  1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

プラス60年
2012/11/01
過去のことは時間がたてば大方忘れてしまうものであるが、何年経っても鮮明に覚えていることがいくつかはある。人間国宝で陶芸家の浜田庄司さんに会った時のことなどがその一つである。それは浜田さんの晩年であり、亡くなられる2年前のことであった。

アメリカの女流陶芸家ロリスさんが来日することになり、彼女から、浜田先生に会いたいが可能だろうかとの依頼があった。浜田さんは、海外からも国王や大臣クラスの人が訪ねるような有名人だったから、難しい依頼を受けたものだと思った。やるしかないので、直接栃木県益子の浜田庄司さん宅を訪ねることにした。門に着いたところ、茅葺の立派なお宅が目に入り、廊下を歩く浜田さんを発見。奥様が出ていらしたので、主屋の玄関の所で、遠いアメリカからやってきたので、是非面会の機会をいただきたいとお願いした。奥様からは、突然来る人ばかりで困ると叱られてしまった。まことにごもっともなことで、こちらは小さくなるばかりであった。しばらくすると、浜田さんが我々の方に来て下さって、「先客があるので、少し待っていただければ」との有り難いお話であった。玄関で立って待っていると、その後間もなく、「そこで立っているのもなんですから、ご一緒でよろしければ」と、我々を囲炉裏端に招き入れてくださった。浜田さんの大人の振る舞いには大いに感心した。

かつてイギリスから来たジャーナリストに対して、浜田さんが大皿に釉(くすり)の流掛をやって見せたところ、「たった15秒」と言われてしまったので、「プラス60年」と浜田さんがいったら、同席した友人の陶芸家バーナード・リーチが「うまい!」といった話など大変興味深かった。この話は自伝でもある『無盡蔵』にも記されている。浜田さんは、主屋内の部屋で、イギリス滞在時に収集した家具を見せてくださった。これらが浜田さんの作風のベースになっていることを強く感じた。また開館直前の益子参考館などを案内してくださり、まことに贅沢な時間を過ごすことができた。ロリスさんもアメリカに帰ってから、陶芸仲間に対して、高名な浜田庄司さんに会ってきたという自慢話で鼻高々だったらしい。

浜田さんが作品の売り上げを原資にして次々に購入した、主屋、作業場、展示館などの茅葺きの建物群、またイギリス滞在時の家具等の多数の収集物、さらには経験にもとづく言動などは、大変印象深くかつ人生の示唆ともなった。浜田さんのように、「プラス○○年」と言えるだけの、豊かな人生経験に裏打ちされた中身をぜひ持ちたいものである。私自身が20代の時に秀でた人にお会いできた経験は、いまから思うと人生の宝物だった。
(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術

いつご来店頂いても、心地よくお過ごし頂ける様ヘアサロン大野グループでは10のお約束を実施しております。大野がご用意させて頂く非日常のプライベートルームでどうぞゆったりとお寛ぎ下さい。

大野WORK
大野HOBBY