77th Anniversary 〜すべてのありがとうをかたちに〜
  1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

楽しむためには
2013/07/01
楽しむためには
(2013/07/01)

私には、学問上の師匠が二人いる。お一人は学部時代からご指導を受けていたT先生、そしてもうお一人は、私が大学の教壇に上がるようになってからお世話になったI先生である。過去形になっているのは、残念ながらI先生は20年ほど前に亡くなられ、T先生は今年の3月に亡くなられたばかりだからである。優れた二人の師匠を亡くしてしまったので、不肖の弟子としては大変さびしい気持ちである。今日は、I先生にまつわるお話をご紹介する。

I先生は、四月の新学期になると大学の専門課程に入ってきた三年生相手に、学科の主任教授として開講の挨拶をするのが恒例だった。その挨拶は例年ほぼ同じ内容なのであるが、大変含蓄に富んでいた。どのようなものであったのか。
「諸君、今日からは勉強は止めてください。学問は強いられてやるものではなく、好んでやるものです。これからは大いに学問を楽しんで下さい。勉強ではなく、楽しむための学習をしてください。学びて亦楽しからずやというではありませんか」
これで話が終わりだと呑気な気分でいたら大間違いで、その後がある。
「でも、楽しむためには、能力が必要です!」
「能力」という言葉を聞いて、学生たちはドキッとする。「そんな能力があるのかな」との不安からである。

能力には先天的なものと後天的なものがあるが、その多くは学習して、あとから獲得した能力である。人間とは学習する動物である、と言ったのが誰だったか忘れてしまったが、私たちは試行錯誤を通じて学んでいくのである。よって、間違いや失敗を恐れてはいけない。その間違いや失敗を通じて、学ぶかどうかが人間形成で大事な所である。その意味からすると、あれをやってはダメ、これをやってはダメとするよりも、とにかくやらせた方がよい。やってみて大いに間違えればよいのである。人間間違えて学ぶのである。人間は学ぼうとしなければ、残念ながらそれまでであると受け止めるしかない。

受験に失敗する、職業選択に失敗する、結婚に失敗する、仕事に失敗する、等々、人生失敗の連続である。野球で三割打者と言えば優秀な打者と言えるが、70%はしくじっているということである。失敗するということは、何か目標があって、試みてはみたが、目標が達成できなかっただけのことである。別の観点からは、その失敗が何かの役に立つかもしれないのだ。なかなか適した職が見つからずに数十の職業体験を活かして、かなり年齢が高くなってから一人前の作家になった人もいるし、運悪く勇み足で刑務所に入れられた人でも、その体験を活かして小説を執筆し、直木賞作家になった人だっている。

学問でも、仕事でもそうだろうが、人生を楽しむためには能力が必要。能力をつけるためには学習が必要。学習は試行錯誤の連続から何を学ぶかが大切。人生はそんなものなのである。
(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術

いつご来店頂いても、心地よくお過ごし頂ける様ヘアサロン大野グループでは10のお約束を実施しております。大野がご用意させて頂く非日常のプライベートルームでどうぞゆったりとお寛ぎ下さい。

大野WORK
大野HOBBY