77th Anniversary 〜すべてのありがとうをかたちに〜
  1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

肩書き
2013/10/01
肩書き
(2013/10/01)

日本のビジネス社会では、初対面の際の名刺交換は必須である。お互いに名刺を眺めて、相手がどのような組織のどのような人なのかを推測する。とくに名刺に記載されている肩書きを気にする人は多いようだ。かつて、テレビの人気長寿番組であった水戸黄門で、お決まりの最後の場面は、三つ葉葵の印籠を掲げた上で、「先の副将軍水戸光圀公にあらせられるぞ。皆の者、頭が高い。控えおろーーー。」のセリフ。しっかりと肩書きと権威のシンボルを示し、名乗った上で相手を威圧している。

大きな組織になると、個人名よりも職位名で呼んでいるところが多い。例えば、会長、社長、専務、部長、課長、係長などの職位名である。個人の特性よりも、組織の機能を優先しているからだ。逆に、職位名で呼ぶことを嫌って、職位にかかわらずに「○○さん」と呼ぶことを実施している会社もある。この呼び方は私の好みでもある。これからの時代を考えると、その人の担当分野や専門性を活かした名称を肩書きに付けるのも良いかもしれない。例えば、頭に担当分野を示し、その後に、営業家、技術家、企画家、総務家などというのもよいかもしれない(例、不動産営業家)。職位のフラット化とでも言えようか。

会社組織の現役の一員ならば、使い慣れた肩書きで良いかもしれないが、定年退職後の肩書きをどのようにしたらよいか迷うものである。有名人で、何も書かないという人もいれば、趣味の集まりの会の名称を使う人もいる。居直って、「無職」という文字を自分の名前の前に掲げた人もいる。人それぞれであるが、次のような肩書きは、すっきりしている。落語家、作家、音楽家、書道家、料理家、実業家などの、「○○家」。何となく一家をなしている印象だ。詩人、歌人、俳人などの「○○人」と称する文芸関係者は少し風流な感じがする。医師、庭師、理容師などの「○○師」は、特殊技能を持った人を指しているようだが、詐欺師のように、自分の能力を悪く発揮している職業人?もいる。資格ならば、気象予報士、公認会計士、弁護士などの「○○士」がある。家、人、師、士などは、組織を超えた呼称のような気がするので、使ってみたくなる肩書きである。もっとも、皮肉屋さんだったら、浪費家、暇人、詐欺師などの名称を列挙するかもしれない。パソコンで簡単に名刺を印刷できる時代なので、気分次第で個人仕様の肩書きを開発すればよいし、なるべくならば前向きの名称がよいと思う。

官庁だと、外交官、教官、事務官、技官などの「官」が職名として使われる。よって、同じ大学教師でも定年退職する際には、国立大学教官は「退官」であり、私立大学教員は「退職」となる。かつて中国の地理教科書に、私の論文が紹介されたことがあった。その際は、日本の「地理家」と形容されていたから、私も、「地理家 金安岩男」と名乗ることができる。もっとも、現在は「家政学の大家」を目指して日々修行しているので、近い将来は「家政家」と名乗っているかもしれない。
(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術

いつご来店頂いても、心地よくお過ごし頂ける様ヘアサロン大野グループでは10のお約束を実施しております。大野がご用意させて頂く非日常のプライベートルームでどうぞゆったりとお寛ぎ下さい。

大野WORK
大野HOBBY