1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2019/05/29

看板考

2019/04/27

令和と開発

2019/03/30

人の一生

2018/12/28

イノシシの話

2018/11/02

松阪への旅

2018/10/01

地球の誕生

2018/07/30

芝居見物

2018/06/29

橋掛人

2018/05/31

業界の守り神

2018/03/31

日常と非日常

2018/02/27

道具をつくる

2017/09/29

蕎麦のこと

2017/06/08

information

2017/05/29

無料の本

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

令和と開発
2019/04/27

2019/05/01

日本では、ここ数カ月は改元騒ぎで賑やかだったが、5月1日から年号が平成から「令和」になった。「れいわ」という音の響きは良い。令和は万葉集から採ったということだが、中国からやってきた私の教え子は、次の背景があると教えてくれた。

「令和」の令は中国語で「季節」の意味で、中国では、古くから「令月吉日」という言葉がよく使われている。また、中国の中高校の地理授業では、必ず張衡(ちょうこう、漢朝時代78~139年)の「地動儀」(地震感知器)が教えられるので、そこで張衡の「仲春令月、時和気清」(仲春令月、時和し気清らかなり)という言葉を知ったという。その言葉の出典は、張衡の名作「帰田賦・文選巻十五」である。張衡は、中国古代の偉大な天文学者であり、世界初の風向計、地動儀などを発明した地理学者でもある。

令和の出典とされる万葉集の該当する箇所の序文は、漢文(初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香)で書かれている。梅花の宴できれいな場面である。万葉集は「初春の令月、気淑しく風和らぐ・・・」、そして帰田賦は「仲春令月、時和し気清らかなり・・・」とあるから、昔の人は本歌取りのように参考にしたのだろう。新しい年号も、時間が経過すれば、その内にきっと慣れると思う。

年号もたかが言葉であるが、言葉は不思議なもので、意外に強い力を発揮する。私は、都市再生に関するある検討委員会で、都市開発や地域開発など、開発事業に関わる業界の人々のために、基本となる大切な言葉を考えてみたことがある。都市の開発に関して言えば、開発と言う言葉自体に何の責任もないが、地域開発や都市開発は悪しきものとの一般的なイメージがある。そこで、私が「開発」の意味を再考してみた所、18世紀の仏典に適切な表現があつたので、ここでご紹介したい。何と書いてあったのか?
「衆生の種々の善根を開発す」(開発はカイホツと読む。仏教用語。)

その意味は、「生きとし生けるものすべて(衆生)、その良き潜在的な可能性(善根)を見出し、展開し、実現する(開発)」ということである。なお、上記文言は、仏教学者の松長有慶さんの著書で知った。開発という言葉は、世間では悪者扱いされているが、言葉自体は素晴らしい内容を持っており、多方面で使える。私たちが悪くしているだけである。

開発については、量と質の両面を考える必要がある。量的拡大のことを成長といい、経済成長率などを言う。昨年からどれだけGDP(国内総生産)が増えたか、ということである。一方、質的充実のことをデベロップメント(発展)、という。例えば、予算規模は同じでも、予算の構成がよりバランス良くなれば、それは予算が質的に良くなったことを意味する。したがって開発の意味は、質的充実のデベロップメント(発展・展開)に当たる。この言葉は、どの分野にも当てはまるので、応用範囲が広い。ぜひ、ご自分の分野におけるキーコンセプトを考える際に活用されるとよいと思う。

もし読者がすでに定年退職後の生活をされているのならば、その時期と状況を適切かつ前向きにとらえる言葉を、自分なりに選ぶかつくり出すかして、より良く生きる人生のコンセプトにすると良いだろう。例えば、「余生とは、有り余る人生のことである」と表現してみるだけで、生き方も少しは前向きになるのではないだろうか。
(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術

いつご来店頂いても、心地よくお過ごし頂ける様ヘアサロン大野グループでは10のお約束を実施しております。大野がご用意させて頂く非日常のプライベートルームでどうぞゆったりとお寛ぎ下さい。

大野WORK
大野HOBBY