77th Anniversary 〜すべてのありがとうをかたちに〜
  1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2017/06/08

information

2017/05/29

無料の本

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

コール&レスポンス
2015/05/30

2015/06/01

数年前のNHK教育番組で、音楽家の坂本龍一と他の専門家によるジャズ教室があり、中高生などがセッションに参加して、ジャズの基本を学ぶ番組があった。専門家による理論的な解説や実技の試みなど贅沢な内容であり、なかなか興味深かった。その番組の中で、ジャズの真髄の一つに「コール&レスポンス」があるとの説明があり、実際に複数のジャズプレイヤーが演奏して見せた。ジャズに限らず、この「コール&レスポンス」(呼応する、打てば響くの意)なる考え方は他の分野にも参考になると思うので本欄でも紹介したい。

コールは英語の’call’であり、呼びかけに当たる。ジャズ演奏チームのどこかのパートが呼びかけるかまたは仕掛けると、他のパートの演奏者がそれに応える('response’)と言うわけである。一見、自由に臨機応変に演奏しているようで、実は基調となる柱があり、その基調からの変化で演奏表現していく。そして、最後は見事にまとめ上げることになる。

考えてみると、大学の授業科目もコール&レスポンスから成り立っている。大学の場合は、学部なり大学院研究科なりは、大学の理念のもとに学部や大学院研究科の目標を掲げる。その目標を達成するために、授業科目(カリキュラム)の構成と担当者を考える。企業が理念の下に、商品やサービス内容を構成するようなもので、どのようなカリキュラムにするかは、学部や大学院研究科にとっての生命線である。大学側の期待や要望に応えて、担当教員はどのような授業にしたらよいかを組み立てる。近年では、通年型(30回)の授業よりも学期型(15回)の授業が多くなっている。一刻も早くあるまとまった知識を習得したいということであり、学期が一つのユニットになった。例えば、15回ならば、1回のオリエンテーションから始まって、導入、基礎、展開、総括などの流れで授業が進み、レポート作成や期末試験で評価し、終了となる。

授業の実施段階では、教師と受講生である学生・院生との関係が重要であり、教師の問い掛け(コール)に対して、受講生がどのように応えるか(レスポンス)、そしてさらに教師はどう対応するかと、コール&レスポンスの連鎖は途切れない。もし、このやり取りが、前向きに行われ、参加者全員がお互いに得るところがあれば、良い授業の成立となる。

理髪店に例えれば、顧客と理容師とのどちらともなく問い掛けがあり、それにどちらともなく応える、というやり取りの連鎖が続く。眠っていたい客には静かに対応するのが良く、話好きの客には、良き聞き手となり、上手に相槌が打てることが望ましい。時には、理容師自身の体験や考えていることをさりげなく伝えれば、お客が乗ってくるかもしれない。相槌と言えば、近年引退宣言した映画監督宮崎駿の名プロデューサーである鈴木敏夫(スタジオジブリ)は、適切な相槌を打てることが良きプロデューサーの要件の一つであると明言している。私たちの毎日は、コール&レスポンス展開の連続なのである。
(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術

いつご来店頂いても、心地よくお過ごし頂ける様ヘアサロン大野グループでは10のお約束を実施しております。大野がご用意させて頂く非日常のプライベートルームでどうぞゆったりとお寛ぎ下さい。

大野WORK
大野HOBBY