1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2019/09/28

体育の個人史

2019/09/02

巡検

2019/05/29

看板考

2019/04/27

令和と開発

2019/03/30

人の一生

2018/12/28

イノシシの話

2018/11/02

松阪への旅

2018/10/01

地球の誕生

2018/07/30

芝居見物

2018/06/29

橋掛人

2018/05/31

業界の守り神

2018/03/31

日常と非日常

2018/02/27

道具をつくる

2017/09/29

蕎麦のこと

2017/06/08

information

2017/05/29

無料の本

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

巡検
2019/09/02

2019/09/01

どの業界でも、その業界内で通じやすい特有の言葉や表現がある。「ゲンセツ」と言えば「現場説明会」のことであり、刑事物の映画でおなじみの「ガサイレ」は「家宅捜索」のことである。これは「さがす」の逆さ読みから来ている。パソコンの「取り扱い説明書」は大体が分厚いものだが、「トリセツ」と短く呼んでいる。「妻のトリセツ」とは、何とも絶妙な表現をしたものだと思うが、仕様書である「スペック」から、若い世代の人たちが人物評価に関して「スペックが良い」などと経歴を表現している。品のない表現で、これはいただけない。

私が属している学問分野である地理学、地質学などの地学系の学問分野では、学術研究のための実地調査のことを、昔から「ジュンケン」と呼んでいる。この分野を学んだ卒業生たちが学生時代をなつかしむのも、この「ジュンケン」である。現地で寝泊まりし、同じ釜の飯を食い、研究テーマに共同で取り組む。実地調査方法を体得し、人間付き合いも深まる。「ジュンケン」とは何のことかと言えば、漢字で「巡検」と書き、英語ではフィールドトリップやフィールドワークのことをいう。これは、現地を巡り、観察し、観察結果をとりまとめ、何らかの知見を得ようとする試みのことである。巡検の段階としては、事前準備、実施、事後整理の三段階がある。現地へ行くための事前の準備としては、テーマ、コース、時間配分、見るべきもの、聞き出したい事項、用意すべき道具など、いろいろある。

私が今関わっている自治体の仕事は、手続きなどの日常業務がまず思いつくが、将来計画を立て、政策形成を図ることも大事である。とりわけ、私の研究所では、縦割り行政を補う意味で、横断的で未来志向の政策研究を実施している。基礎データの整備、各部署共通の人口推計、テーマ志向の研究プロジェクト(現在は公民連携をテーマにして取組中)などがある。計画策定や政策形成の基礎として、巡検を通じての現地、現場の実態理解は欠かせない。地域特性の把握は、都市・地域を検討する際の基本なのである。

最近、インターンシップの学生のために二つのコースを設定し、巡検を実施した。そのうちの一つである<四谷コース>は、消防博物館を見てから四谷三丁目の交差点をスタートしたが、四谷大木戸、内藤新宿などは江戸時代に重要な場所だった。これらは『江戸名所図会』にも掲載されている。昔の花街であった荒木町を散策したが、昭和の初めには置屋86軒、芸者数252名、料理屋13軒、待合63軒もあったという。昔は滝と池があり、武蔵野台地の地形と地下水の存在を確認できる。当時の三業地、歓楽街として盛んだったことが分かる。

その後、お岩稲荷の田宮神社、台地上の寺町、アニメで有名になった須賀神社(外国人客多し)、内藤新宿の設置に尽力した高松喜六の墓などを訪ねた。このような人たちがいたからこそ、今日の新宿の繁栄がある。巡検の仕上げは休憩を兼ねた昼食である。とくに暑い日などは、休憩や水分の補充が欠かせない。ポルトガル料理のランチを食べながら、今回の酷暑の中の2時間半の振り返りとなった。各人が興味を持った事柄が異なるのも面白い。

ある時に巡検のことを話題にしていたら、私のクラスメートで、長いこと旅行業をしていた友人が話してくれた。「我々旅行業界では、旅行には、旅行前の楽しみ、旅行当日の楽しみ、そして旅行後の楽しみの三つの楽しみがある」ことをうたい文句に常々言っているとのこと。身近な地域の巡検を大いに楽しみたいものである。
(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術

いつご来店頂いても、心地よくお過ごし頂ける様ヘアサロン大野グループでは10のお約束を実施しております。大野がご用意させて頂く非日常のプライベートルームでどうぞゆったりとお寛ぎ下さい。

大野WORK
大野HOBBY