77th Anniversary 〜すべてのありがとうをかたちに〜
  1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

解釈の違い
2016/02/26

2016/03/01

世の中は解釈次第ということがよくある。また解釈の違いが問題を大きくしてしまうことも、日常生活でまま見られる。例えば、五人の子供たちに、スイカを等分に切り分けたつもりでも、個々の子供にとってみれば、他の子供のスイカの方が大きく見えることはよくあることだ。幅のある解釈のことをどのように考えたらよいだろうか。

コップ半分の水の解釈の仕方に二通りあり、もう半分しかないとみるか、まだ半分あるとみるか、の違いは有名な話である。コップ半分の水である事実は何ら変わらないので、受け取る側の受け取り方によるというわけである。同様の話として、マーケティングの教科書に、裸足が一般的な土地に市場調査に行った時の報告例がよく紹介されている。報告1「現地は全員裸足。よって、靴を売る需要は無し」、報告2「現地は全員裸足。よって、靴を売る需要は莫大」。要は、考え方と工夫・努力次第ということなのだろうか。

教育現場をみると、学校内での生徒同士のトラブルは、法律的な解釈と教育的解釈がなされる場合がある。明らかに法律違反であっても、将来のある子供たちに対して、教育的見地から法的判断を少し緩めて、教育的処置を適用しようとするものである。社員教育でも、叱り飛ばして谷底に落とす指導方法もあれば、褒めておだてる励まし型の指導方法もある。組織の雰囲気、人間関係などが関わるので、どちらが良いとは一概に言えない。頃合いの状況を探り出すしかない。

文学作品などは、その解釈が大きく異なることがあると、かつての同僚から教わったことがある。次の松尾芭蕉の俳句などはどのように解釈できるであろうか。

暑き日を海に入れたり最上川    松尾芭蕉

解釈1 暑き太陽が日本海にじゅっと入ったのを最上川から眺めている。
解釈2 今日一日は暑き日で、そんな暑さを最上川が日本海に注ぎ込む。

俳句は十七音の短詩表現なので、省略部分があり解釈も難しくなる。難しさと同時に、俳句の妙味でもある。同じ言葉でも複数の意味があるので、解釈には、何に着目し、どのような関係を見出し、どの意味を採用し、何を物差し(評価基準)にして捉えるかが鍵になる。自然、人間、社会、技術、宗教などに対しての理解や解釈は、人それぞれ異なる。理解や解釈を成立させている仕組みを把握することが肝要である。

解釈の違いは、得てして紛争の原因になるが、多様な可能性をも示しているようであり興味深い。どうせ一度の人生ならば、能天気と言われようが、何と言われようが、すべて前向きにとらえた方(プラス志向の解釈)が得のような気がするがいかがだろうか。
(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術

いつご来店頂いても、心地よくお過ごし頂ける様ヘアサロン大野グループでは10のお約束を実施しております。大野がご用意させて頂く非日常のプライベートルームでどうぞゆったりとお寛ぎ下さい。

大野WORK
大野HOBBY