77th Anniversary 〜すべてのありがとうをかたちに〜
  1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2017/09/29

蕎麦のこと

2017/06/08

information

2017/05/29

無料の本

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

私にとっての新宿発見
2016/12/28

2017/01/01

大人にとっては当たり前のことでも、子供にとっては知らないことは沢山ある。逆に、子供にとっては自明のことでも、大人は何も知らないということもある。<知ってる、知らない>の違いがあるから世の中は面白い。今回は、知っている人には当たり前のことでも、初めて知った人間にとっては興味深い例として、私にとっての新宿発見をご紹介する。

東京の新宿区(人口約三十三万人)は、新宿駅の乗降客数が一日に四百万人近くいて、西口の高層建築物、東口の商業施設、歌舞伎町の夜の賑わいなど、その知名度は、国内外で抜群の町である。外国人居住者も三万人程度と区人口の約一割を占め、観光客の来訪者数もすごい勢いで増加している。街を歩けば多くの外国人に遭遇するといった趣である。そんな誰でも知る新宿は、意外にも居住地として静かな地域もあり、歴史的に由緒のある場所も数多く、散策などを楽しめる。かの夏目漱石が生まれかつ住んだ住居も新宿区内にあり、生誕百五十周年を記念した「漱石山房記念館」も現在建設中である。

新宿区の西側に位置する住宅地の落合地区には「おとめ山公園」があり、樹木が豊富で、ホタルが飼育され、泉や池などもあって、憩いの場所として区民に親しまれている。この「おとめ山」であるが、「乙女」ではなく、「御留」に由来する。音を聞いただけでは分からない。これは江戸時代に、将軍の鷹狩などに使われた場所で、禁猟区だった所である。現代の辞書には、「御留場」なる単語が記載されている。

「御留」がらみで、山に次いで川に因んだものとしては、次の川柳がある。
  紫を人の奪はぬ御留川

この川柳に出てくる単語がすべて分かっても、川柳が言わんとする真意はなかなか理解しづらい。これは川柳によくあるように、論語の「子曰く、紫の朱を奪うを悪む也」(中間色の紫色が正色である朱色を乱してしまう意)、を活用した川柳となっている。紫色の鯉がこの江戸川(現在の神田川で、JR飯田橋駅から北に向かう方角が上流になる)にいるが、ここは将軍の禁漁区なので、鯉を獲ることができない御留川ですぞ、という意味。川柳にうたわれるぐらいだから、当時の人々にとっては、誰でもが知っている言葉だった。

「御留」と言う言葉自体が、将軍がらみの言葉なので、現在ではほとんど死語と化している。ところが、作家、俳人、脚本家として著名な久保田万太郎(1889-1963、文化勲章受章者)の聞き書き(龍岡晋『切山椒』)によれば、「お留筆」なる万太郎の発言があり、私の目に留まった。江戸時代のお抱え絵師は、金持ち町人から鷹や虎などの絵の注文に追われがちである。そんな時、将軍がこれで終わりにせよ、との命令を発することがある。そのことを「御留筆」と呼んでいる。1904年生まれの聞き手である龍岡晋(役者で文学座の社長を経験)ですら、「お留筆って?」と万太郎に問い返している位の単語である。

「御留山」、「御留川」、「御留筆」など、今や死語となっているような言葉でも、その背景を知ると、実に味わいが出てくるし、面白いつながりも生まれる。結果として、私にとっての新たな新宿発見ともなった。言葉は生き物なので、大切に、そして仲良く付き合っていきたいと思う。そのことが自身の教養を高め、人とのコミュニケーションを豊かにする。
(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術

いつご来店頂いても、心地よくお過ごし頂ける様ヘアサロン大野グループでは10のお約束を実施しております。大野がご用意させて頂く非日常のプライベートルームでどうぞゆったりとお寛ぎ下さい。

大野WORK
大野HOBBY