77th Anniversary 〜すべてのありがとうをかたちに〜
  1. ホーム
  2. 艶肌コラム
艶肌コラム
宇野 和孝

著者:宇野 和孝
艶肌コラムを担当するビーバンジョア健康肌化粧品 代表取締役会長宇野和孝です。
「VIVANT JOIE(ビーバンジョア)」はフランス語で、日本語に訳すと「生きる喜び」となります。創業から27年間こだわっている無公害、独自の男性用スキンケア&メーク提案。近年では「エコロジー」に特化した化粧品を発売しています。長年の医薬品・化粧品の経験を活かし男性生理学に基づいたエイジングケアアドバイスをして参りたいと思います。
趣味はラグビー(惑惑クラブ)、スケッチ画(油絵、パステル)

冬でもUV
2014/11/01
冬でもUV

皆様お久しぶりです。
今回は紫外線情報をお届けします。「なんでこの時季に紫外線の話?その時季は終わったんじゃないのか」という声が聞こえてきますが、まだまだ終わっていません。

今年の夏は、平年より雨も多く、熱帯夜、猛暑に苦しめられることなく、いつの間にか寒くなってしまいました。
果たして、紫外線の悪影響からその分だけ逃れられることが出来たのか。

ビーバンジョアでは2007年以来、会社営業日の晴れた日の正午前後に、紫外線量の定点観測を続けております。
ローカルデータではありますが、晴れた日の紫外線動向は概ね正確に把握できているものと自負しております。観測時点で降雨を観測すれば、計測をしていないので、気象庁とは異なる結果となっています。



「なぜ雨の日は観測しないのか?」その質問には、ずばり雨の日は紫外線がほぼ0に近いため、観測をしていません。
このグラフは2007年と比較し、晴れた日の紫外線がいかに怖いか知って頂く貴重な資料になります。グラフを見ると2つのことがわかります。
      
一つ目は、今年の夏は、猛暑日はなかったが、晴れた日の紫外線は異常に高く、観測をはじめて以来、8月はA波・B波ともに月度紫外線の最高値を記録していました。

二つ目は、2007年の冬は紫外線B波を気にしなくて良かった。でも昨今は冬でも紫外線にさらされている。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」という諺があります。過度の紫外線は、見た目を損なう大敵です。甘く見てはいけません。
端正なマスクとは言いませんが、男であってもシミもシワも少ないことに越したことはありません。
洋服や靴のオシャレをどれだけしても、肌の見た目の悪さがそれをマイナスに引き立てる事があります。
シミとシワのくすんだ肌では、オシャレに「画竜天声を欠く」ことになります。

さぁ、艶肌専科で髪を整え、お肌のおしゃれをしましょう。シミとシワとくすみから逃れた、貴方の生き生きとした艶のある肌は、オシャレを一段と引き立たせますよ。

艶肌コラムを読まれているジェントルメンズはUVケアをされる事を信じています。
他のコラムを読む Men’s Life Style 技術の心 心の技術

いつご来店頂いても、心地よくお過ごし頂ける様ヘアサロン大野グループでは10のお約束を実施しております。大野がご用意させて頂く非日常のプライベートルームでどうぞゆったりとお寛ぎ下さい。

大野WORK
大野HOBBY